Nob!!の勝手に甲殻類 :トップ

イメージ 1

日本産甲殻類について綴っているブログです。ほとんどはマイナーな種類ですが...(汗)

ボチボチと更新して参ります。お付き合いのほど、ヨロシクお願いいたします。
月イチくらいでアクセスいただければ、少しはページが増えていると思います。

100ページ達成に伴い、書庫を増やしてブログ内を整理しようと思ったのですが...そしたら、リンクが壊れちゃったみたいですm(__)m。
こういったバグや、工事中のページも随時更新してまいります。

もしそういった不具合を見かけましたら、「リンク壊れてるヨ」って教えてください。



このページは気まぐれに記事内容を書き換えます(おことわり)

グソクムシ科メモ、海の日の記念に

海の日の休暇を利用して、何か海の生き物について調べようかと、懸案事項だったグソクムシ科について調べはじめました。結局1日では調べ切れなかったので、近く加筆いたします。

近日公開、乞うご期待!(ってほどのものではないけどね)

 

 

~・~・~・~

ちなみに当ブログでは、以下のようなグソクムシ関連のページがあります;

・ドウケツグソクムシ https://nobnob.hatenablog.jp/entry/30906578

・はじめてのグソクムシ(嬉!) https://nobnob.hatenablog.jp/entry/32886222

・日本のグソクムシ類 https://nobnob.hatenablog.jp/entry/33009414

グソクムシの1種(くまの灘産) https://nobnob.hatenablog.jp/entry/34183704

・メナガグソクムシ https://nobnob.hatenablog.jp/entry/34314746

・タラノシラミ https://nobnob.hatenablog.jp/entry/2020/01/06/132246

 

Genus グソクムシAega Leach, 1815

  35種、うち日本産4種

Genus トンガリグソクムシAegapheles Bruce, 2009

  17種、うち日本産2種

Genus ドウケツグソクムシAegiochus Bovallius, 1885

  37種(WoRMSでは38種とされるが、A. tumida (Nunomura, 1988)はドウケツグソクムシA. spongiophila (Semper, 1867)のシノニムとする見解(Saito & Saito, 2011)を支持)、うち日本産4(?)種

Genus Alitropus H. Milne Edwards, 1840

  1種、Alitropus typus H. Milne Edwards, 1840のみ。日本未知。

Genus Epulaega Bruce, 2009

  5種、日本未知

Genus ウオノシラミ属Rocinela Leach, 1818

  41種、うち日本産7種。タラノシラミRocinela maculata (Schioedte & Meinert, 1879)など

Genus オニグソクムシSyscenus Harger, 1880

  9種、うち日本産2種

Genus Xenuraega Tattersall, 1909

  2種、うち、Xenuraega bythionekta Shimomura & Bruce, 2019は日本産で、鹿児島県沖永良部島北西沖(27°22.90´N, 128°23.70´E)から報告される(この種は『海洋と生物』の連載で紹介されていません。原稿執筆時には間に合わなかったのかも?)。

 

  • 属の検索表については、Bruce(1993, 2009)、布村・下村(2020a)によって作成されている。

 

  •  トンガリグソクムシAegaphelesとドウケツグソクムシAegiochusはBruce(2009)によって整理されるまではグソクムシAegaとされていた。この3属の違いは以下のとおり(布村・下村, 2020aを参考にしました):

・ドウケツグソクムシ属 第1触角に平たい節はない;顎脚鬚の第5節は縦長で、第4節と融合しない;額葉は後方が狭い。

・トンガリグソクムシ属 腹尾節末端は尖る;尾肢内肢に明瞭な欠刻がある;尾肢内・外肢は同一平面上にない;第1触角第1・第2節は広く平たい;顎脚鬚の第5節は幅広で太く短く、第4節と癒合することがある。

グソクムシ属 尾肢内・外肢は同一平面上にある;尾肢内肢に明瞭な欠刻がない;腹尾節末端はさまざま;第1触角第1・第2節は広く平たい;顎脚鬚の第5節は幅広で太く短く、第4節と癒合することがある。

 Bruce(2009)による検索表はわかりにくかったんですが、布村・下村(2020a)にそれをもとにした日本語の検査表があって助かりました。でもグソクムシ属はちょっと難しい。

 また、Epulaega属も旧来のグソクムシ属型で、ドウケツグソクムシ属に似ますが、Rostrum(頭部前縁中央の突出部)が小さく、背面から見えない;顎脚鬚の第5節が小さく、第4節の幅の0.3倍未満という特徴があるようです。日本未知ですが、この先日本からもみつかるかも。

 

  • ウオノシラミ属Rocinelaは種数が多く、外形は旧来のグソクムシ属(グソクムシ属、トンガリグソクムシ属、ドウケツグソクムシ属、Epulaega属)に似るが、顎脚髭が3節(稀に2節)でることが大きくことなる。旧グソクムシ属ではこれが5節。頭部前縁に突起を形成する種があるが、これは雌雄差が大きいようである(例えばRocinela resima Bruce, 2009、タイプ記載のFig.119(p185))。ただ、Bruce(2009)の雌雄差の項目では頭部前縁については触れられていない。

 

  • 『日本産等脚目甲殻類の分類』。雑誌 海洋と生物に2010年から連載されていた論文で、No.62~64に日本産グソクムシ科が掲載されています(布村・下村, 2020a-d)。日本語でグソクムシ科を包括した唯一の論文なので、大変貴重な情報ですが、以下の点についてNob!!の勉強不足から、ちょっと注意が必要なのではないかと思っています。

・メナガグソクムシ この連載ではAegapheles antillensis (Schioedte & Meinert, 1879)の学名が用いられていますが、Bruce(2004)は新日本動物図鑑(椎野, 1965)の同定を疑問視していて、日本のトンガリグソクムシ属はAegapheles excisa (Richardson, 1910)とヤマトグソクムシAegapheles japonica (Bruce, 2004)の2種であると指摘しています。Nob!!はこの見解を支持し、和名メナガグソクムシA. excisaが継承するのが無難ではないかと思っています。両種の違いについて、Bruce(2004)は、額葉(A. excisadehsでは細長く、ヤマトグソクムシでは小さく四角い)、第1~第3胸脚長節の棘状刺毛の配置、体サイズ(A. excisadehsでは3.5 cm前後、ヤマトグソクムシでは5~6 cm)などを挙げています。なおBruce(2004)はそれまでAegapheles antillensisとされていたものに6種が含まれていたことを報告し、真のA. antillensisとはカリブ海とメキシコ湾に分布する種としています。

Aegiochus Bovallius, 1885 和名をドウケツグソクムシ属としていますが、新称とはしてなく、出典も明記していません。

Aegiochus vigilans (Haswell, 1881) Bruce(2009)ではメダマグソクムシAegiochus giganteocula Nunomura, 1988のシニアシノニムとされているが(WoRMSもこの見解を支持)、これらには差異があるとし、別種の可能性が示唆されています。オーストラリアの種で、よく読むと日本からの報告があるわけではないみたいです。和名はありません。

 

 

 

引用文献

Bruce, N. L., 1993. Redescription of the overlooked crustacean isopod genus Xenuraega (Aegidae, Flabellifera). Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 73: 617–625.

Bruce, N. L., 2004. Reassessment of the isopod crustacean Aega deshaysiana (Milne Edwards, 1840) (Cymothoida: Aegidae): a world-wide complex of 21 species. Zoological Journal of the Linnean Society, 142(2): 135–232.

Bruce, N. L., 2009. The Marine Fauna of New Zealand: Isopoda, Aegidae (Crustacea). NIWA Biodiversity Memoir, 122: 1–252.

布村昇・下村通誉,2020a.日本産等脚目甲殻類の分類(62)ウオノエ亜目⑧ウオノエ上科③グソクムシ科①.海洋と生物, 247: 175–179.

布村昇・下村通誉,2020b.日本産等脚目甲殻類の分類(63)ウオノエ亜目⑨ウオノエ上科④グソクムシ科②.海洋と生物, 248: 267–274.

布村昇・下村通誉,2020c.日本産等脚目甲殻類の分類(64)ウオノエ亜目⑩ウオノエ上科⑤グソクムシ科③.海洋と生物, 249: 399–405.

布村昇・下村通誉,2020d.日本産等脚目甲殻類の分類(65)ウオノエ亜目⑪ウオノエ上科⑥グソクムシ科④オニグソクムシ属・オナシグソクムシ科オナシグソクムシ属.海洋と生物, 250: 487–492.

Saito N., & Saito, T., 2011. New record of Aegiochus spongiophila (Semper) (Isopoda: Aegidae), inhabiting the hexactinellid sponge Euplectella oweni Herklots & Marshall from off Makurazaki, southern Kyushu, Japan. Crustacean Research, 40: 33–40.

椎野季雄,1965.めながぐそくむし.岡田 要・内田清之助・内田 亨(監修),新日本動物図鑑(中).北隆館,東京.

Shimomura, M. & Bruce, N.L., 2019. A new species of the mesopelagic isopod genus Xenuraega Tattersall, 1909 (Crustacea: Isopoda: Aegidae) from Japan, the second species in the genus. Zootaxa, 4683 (3): 431–438.

ウオノコバンのエガトイド

写真はSaito & Fujita (2022)から転用。叱られたら削除します。

 

マダイPagrus major (Temminck & Schlegel, 1843)の体表から得られたウオノエ類が、ウオノコバンNerocila japonica Schioedte & Meinert, 1881のエガトイド期だったという論文がでました(Saito & Fujita, 2022)。

 

エガトイド期というのはウオノエ類の幼体で、体形が細長く、眼が大きく、一見してグソクムシっぽい印象の時期の呼称です。成体とは形態が大きく異なるため、普通種同定は困難です。ウオノコバンの成熟メスは、胸節後側縁、底板後側縁、第1-第2腹節腹側縁に棘状の大きな突起を形成するのが特徴ですが、エガトイド期にはこれがありません。

 

ウオノコバン属Nerocilaのエガトイド期としては、イワシノコバンN. phaiopleura Bleeker, 1875についてはこれまでに報告があり(Bruce, 1987; 齋藤・早瀬, 2000; Saito et al., 2014; 齋藤・小川, 2019)、形態も調べられていたのですが、ウオノコバンN. japonica Schioedte & Meinert, 1881については、4個体ほどの記録はありますが(うち1個体は単に「幼体」とされていますが)(Yamauchi & Nagasawa, 2012; 長澤・河合, 2019; Nagasawa & Inoue, 2020)、形態学的な知見がほとんどありませんでした。

 今回、マダイの体表から得られたエガトイド期のDNAを分析したところ、ウオノコバンであることがわかり、この個体について形態の記載を行い、イワシノコバンとの違いが明記されています:ウオノコバンのエガトイド期は第1~第3胸脚前節前縁(掌部)の棘状刺毛は小さく3つ(イワシノコバンのエガトイドでは巨大で4–5)、第7胸脚の長節・腕節・前節前縁の棘状刺毛数は5・3・6(1・2・5)、頭部背面に占める眼の面積は31%(67%)。ウオノコバンのエガトイドでは頭部前縁がわずかに角張り、そこが丸いイワシノコバンとは違うようにも見えますが、丸く描かれた報告もあるので(Yamauchi & Nagasawa, 2012)、ここは両種の違いからは除外されていました。

 今回得られたのは1個体だけのようなので、成長にともなう形態の変化とかは、これからの課題なのかな?

 なおマダイはウオノコバンの新宿主でもあるそうです。

 

日本からはこのほかにトビウオノコバンNerocila trichiura (Miers, 1878)が知られていますが(Nagasawa & Isozaki, 2019; Nagasawa, 2020)、エガトイドについての情報はまだないそうです。というかそもそも記録自体がまだ2例?

 

 

 

【引用文献】

Bruce, N. L., 1987. Australian species of Nerocila Leach, 1818, and Creniola n. gen. (Isopoda: Cymothoidae), crustacean parasites of marine fishes. Records of the Australian Museum, 39: 355–412.

Nagasawa, K., 2020. New host and third western Pacific Ocean records for Nerocila trichiura (Isopoda: Cymothoidae), a skin parasite of flyingfishes. Crustacean Research, 49: 221–223.

Nagasawa, K., & Inoue, N., 2020. The marine fish parasite Nerocila japonica (Isopoda: Cymothoidae) from a euryhaline cyprinid fish (Pseudaspius hakonensis) in brackish waters of a river in brackish waters of a river in central Japan. Nature of Kagoshima, 46: 419–421.

Nagasawa, K., & Isozaki, S., 2019. New record of a marine fish parasite Nerocila trichiura (Crustacea: Isopoda: Cymothoidae) from Japan, with its confirmed distribution in the western North Pacific Ocean. Species Diversity, 24: 195–201.

長澤和也・河合幸一郎,2019.広島湾沿岸域のウグイに寄生していたウオノコバン.Cancer, 28: e134–e137.

Saito, N., & Fujita, H., 2022. Morphological description and molecular barcoding of the aegathoid stage of Nerocila japonica Schioedte & Meinert, 1881 (Crustacea: Isopoda: Cymothoidae) infesting red seabream Pagrus major (Temminck & Schlegel, 1843). Crustacean Research, 51: 47–54.

齋藤暢宏・早瀬善正.2000.三保海岸に打ち上げられたイワシノコバンのエガトイド幼体.伊豆海洋公園通信, 127: 2–6.

齋藤暢宏・小川 洋,2019.イワシノコバンのエガトイド幼体の成長について(等脚目:ウオノエ科).Cancer, 28, 21–24.

Saito, N., Yamauchi, T., Ariyama, H., & Hoshino, O., 2014. Descriptions and ecological notes of free-swimming forms of cymothoid isopods (Crustacea: Peracarida) collected in two waters of Japan. Crustacean Research, 43: 1–16.

Yamauchi, T. & Nagasawa, K., 2012. Redescription of the fish parasite Nerocila japonica Schioedte & Meinert, 1881 (Crustacea: Isopoda: Cymothoidae), with comments on previous records of N. acuminata in Japanese waters. Systematic Parasitology, 81: 147–157.

 

 

Saito & Fujita (2022)はこちらからダウンロードできます:

https://www.jstage.jst.go.jp/article/crustacea/51/0/51_47/_article/-char/en

 

ヨコエビガイドブック

 

日本初のヨコエビ専門書!

本邦産140種を掲載。科までの検索表つき。

 

著者 有山啓之

発行年月    2022年5月23日
判型    B5
ページ数    160ページ
定価    4,950円(税込)
ISBNコード    978-4-303-80061-1

文献備忘録:Crustacean Sexual Biology

長くお借りしていたご本を明日お返しするので、忘れないように記録残しておきます。

 

Crustacean Sexual Biology Hardcover – April 15, 1991
English Edition  by Raymond T. Bauer (著), Joel W. Martin (編集)

Publisher ‏ : Columbia Univ Pr (April 15, 1991)
Publication date ‏ : April 15, 1991
Language ‏ : English
Hardcover ‏ : 351 pages
ISBN-10 ‏ : 0231068808
ISBN-13 ‏ : 978-0231068802
Dimensions ‏ : 7.5 x 1 x 10.5 inches

Amazonのテキストそのまま貼っちゃいました)

 

2020年にも再販されているようです。編集者、出版社一緒ですが、ページ数368のようなので、17ページ分何か加筆があるんですね。

備忘録(2022.5.7)

荷物整理してたら出てきたメモ。
銀行の封筒に書いてました。

荷物から、1997年の白浜での勉強会で知った情報をメモったみたいです。
未収集文献です。
忘れないように、ってかメモ処分したいので、書き留めておきます。


Shallow-water Gammaridean Amphipoda of New England
by E. L. Bousfield
Versandpesen
Postage & handling
800 (1200 gr
Cornell University Press
ISBN 0-8014-0726-5


1973年、ページ数312 のようです。

長生きはするもんだ

昨日のある会話、

Twitterで知り合った甲殻類研究者さんから、「初めまして、R大のSと申します。Nobさんのブログは少年時代からよく拝見しておりました。」と言われました。まさに漫画家さんが言われるあれか! (なんかけっこう嬉しい)