Nob!!の勝手に甲殻類 :トップ

日本産甲殻類について綴っているブログです。ほとんどはマイナーな種類ですが...(汗) ボチボチと更新して参ります。お付き合いのほど、ヨロシクお願いいたします。 月イチくらいでアクセスいただければ、少しはページが増えていると思います。 100ペ…

実はサッパノギンカ!(Fujitaほか, 2021から)

2018年3月、東伊豆のダイビングポイントでハタンポ属魚類の幼魚(ツマグロハタンポPempheris japonica Döderlein, 1884かミナミハタンポP. schwenkii Bleeker, 1855とされています)の頭部にウオノギンカ属のエガトイド幼体(ウオノエ類)の寄生がみられたこ…

2月アクセス状況

あぁ年度末。今年度もあと一か月かぁ まぁ、粛々と仕事するだけですが、、、2月のアクセス状況こんな感じでした。相変わらず、この変動が何に起因しているのかよくわかりません。

日本産十脚甲殻類の幼生(小西, 2012-2020)

隔月刊誌『海洋と生物』に掲載されていた、「日本産十脚甲殻類の幼生」(小西光一著)の連載が終了したので、勝手に目次を作っておきます。 Nob!!はカニのゾエアとかメガロパとか大好きなのです。 そしたら、230号(2017)が行方不明でしたぁ~ なんてこった…

1月アクセス状況

何か月末の2日間に結構な閲覧があったようです。なんか巷であったのでしょうか? 甲殻類大暴れとか?

祝! 成人式 ~コエビノハラヤドリ亜科 WoRMS調査~

新成人のみなさな。おめでとうございます。こんな時代ではありますが、みなさまにとって良い日本でありますよう、心からご期待いたします。 ジュニアも今年成人式でした。こちらは延期となっていまいましたが、、、 図はまったく無関係です。知人の研究者Sai…

学会誌

Species Diversity も Crustacean Research も、今年の号は通常の3倍厚! コロナの影響 ステイホームが効いているのか?

エビノユタンポ

(標本は染色しています) 熊野灘の水深280 mから採集されたノコノハエビジャコの腹部から発見されたエビヤドリムシが、所属亜科不明の新属新種 Pleonobopyrus kumanonadensis Saito & Moritaki, 2020エビノユタンポ として記載されました。 コエビ類の腹部…

10月アクセス状況

こんな感じでした。

9月アクセス数

今年もあと3か月! 突っ走ります(涙) 先月のアクセス状況。相変わらずの低迷です(笑) そこそこの息抜き程度に更新してまいります(、、、orz)。

季節来遊魚

最近では(といっても数年前から?)死滅回遊魚のこと、『季節来遊魚』っていうらしい! 一部の魚類愛好家かいわいの話? ちなみに、死滅回遊魚でググると約 69,600 件、季節来遊魚では約 378,000 件ヒットしました。

8月 アクセス数

こんな感じでした。 これまで月に1,2回あった、突出したアクセスはなかったようです。

7月アクセス状況

今月の当ブログへのアクセス数推移はこんな感じでした。 7/4に53、7/18に64のアクセスありましたが、毎月この不定期なアクセス数が気になっております。 まぁ、8月もボチボチ続けますよ。

アカヒトデシダムシ

今年の七夕、永くDendrogaster ludwigi Le Roi, 1905と誤同定されていたアカヒトデシダムシが、実は新種、Dendrogaster adhaerens Yoshimoto, Moritaki, Saito & Wakabayashi, 2020だったという、記載論文がweb公開されました。 ヒトデ(sea-star)の寄生虫…

6月アクセス状況

6月のアクセス状況はこんな感じでした。たまに10件以上の閲覧があるみたいですけど、概ね低調(涙)。6/28は33アクセスでしたが、なんかありましたか?

ツノテッポウハラヤドリ

ツノテッポウエビ腹部寄生性の新属新種のエビヤドリムシ類の記載論文が公開されました。 その名もツノテッポウハラヤドリQuadripediphryxus mayuzumii Saito, 2020(まんまか...) アクアリストの王英さんが購入したライブロック中に混在していたツノテッ…

5月アクセス状況

5月のアクセス状況! 件の5/15の48アクセス以来、なんかちょっと閲覧数が増えたような? しかし、依然としてこの日何があったか不明?? 案外このブログみて論文とかかいている人いたら笑。個人的にまとめたブログですので、取り扱いにはご注意ください。

著書『海の極小!いきもの図鑑』

星野修著『海の極小!いきもの図鑑 誰も知らない共生・寄生の不思議』(築地書館、2020)すばらしい本が出ました!! 2016年発行の『海の寄生・共生生物図鑑 海を支える小さなモンスター』の著者です。前著が107ページ、本著は173ページ! 数えてないけど、…

5/15

昨日(5/15)、20~21時にかけて40件のアクセスがあったみたいです。何かメディアとかで甲殻類が話題になったのでしょうか? どなたか教えてください。#ブログやってます。

4月アクセス状況

今月のアクセス状況こんな感じでした。 昨日は記事投稿したので跳ね上がりましたが、一日66件は最高記録かも。来月もなんか書きます。

エビヤドリムシ類Bopyroideaの検索表

いま調べているエビヤドリムシがなんだかさっぱり解らないので、ここはあえて基本にもどって、Boykoほか(2013)の検索表を和訳しとこうと思います(ってか今頃か!) 誤訳みかけたらご指摘ください。 ●エビヤドリムシ類Bopyroideaの科と亜科のメスの特徴に…

3月アクセス数推移

この一か月のアクセス状況はこんな感じ。低迷してますな。 3/1の18時に26件の閲覧ありましたが、これはシダムシの記事を投稿した日。3/11に21件、3/23に19件のアクセスあったけど、何だったのかな? 曜日はそれぞれ水曜日と月曜日。 コロナに負けずに新年度…

カップヌードル

こんな商品を見つけましたよ。 思いのほかうまかったです。

2月アクセス数推移

2020年2月の当ブログへのアクセス状況はこんな感じ。低迷してますなぁ~ 2/21(金)に39件のアクセスあったようです。なんかメディアに甲殻類関連の報道でもあったのでしょうか? ご存知の方教えてください。

国内90年ぶりの新種シダムシ発見!

ヒトデ類内部寄生性の甲殻類、シダムシの新種記載論文がweb公開されました。 日本国内では1931年以来で、実に90ぶりの発見になるようです。 〇新種記載されたのは次の3種 1.ヤマトイシダタミノシダムシ Dendrogaster komatsuae Saito Wakabayashi & Moritak…

令和2年1月アクセス数

新年一か月のアクセスはこんな感じ。低迷してます(笑)。まぁこんなものか。

タラノシラミ

みなさまあけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ところで写真は タラノシラミRocinela maculata Schioedte & Meinert, 1879と思います。 (季節柄とは一切関係ございません) 懇意にさせていただいている水族館の飼育研…

Yahooブログ終了・涙

永年愛用しておりました、Yahooブログの、『Nob!!の勝手に甲殻類』は、12/15で終了となったようです。今後はこちらのHatenaブログさんで展開させていただきます。皆様よろしくお願いいたします。

月間アクセス数

11/8に55件、9日に64件のアクセスがあったようです。 察するに、8日夜に甲殻類に関する何らかのニュースがあり、web検索して当ブログがヒットしたという現象かと思います。 何か気になります。知ってる方教えて下さい。 たぶん一日64アクセスって、前のブロ…

リザリア・ライダー

放散虫やフェオダリアが所属する原生動物の分類群をリザリア Rhizariaというそうなのですが、このたび、そのリザリアとクラゲノミ亜目端脚類との共生関係を報告した論文が発表されました。 この共生関係を“リザリア・ライダー Rhizarian rider”と命名してい…