ツノテッポウハラヤドリ

f:id:Nobnob:20200618205455j:plain


ツノテッポウエビ腹部寄生性の新属新種のエビヤドリムシ類の記載論文が公開されました。

その名も
ツノテッポウハラヤドリQuadripediphryxus mayuzumii Saito, 2020
(まんまか...)

アクアリストの王英さんが購入したライブロック中に混在していたツノテッポウエビSynalpheus streptodactylus Coutière, 1905の腹部に着いていたエビヤドリムシ類とのことです。いきさつが複雑。

新属Quadripediphryxus Saito, 2020には和名は提唱されていないようです(笑)。

論文を精読し、追って加筆いたします。

 

<文 献>
Saito, N., 2020. A new hemiarthrine bopyrid, Quadripediphryxus mayuzumii gen. et sp. nov. (Isopoda: Epicaridea: Bopyridae), infesting the abdomen of Synalpheus streptodactylus Coutière, 1905 (Decapoda: Caridea: Alpheidae). Crustacean Research, 49: 99–107.
J-stageのサイトから論文をDLできます:
https://www.jstage.jst.go.jp/article/crustacea/49/0/49_99/_article/-char/en

しかし、Crustacean Researchのこの号は、等脚類特集号かってくらい等脚類ネタが多い(爆)

5月アクセス状況

f:id:Nobnob:20200601132111j:plain

5月のアクセス状況! 件の5/15の48アクセス以来、なんかちょっと閲覧数が増えたような? しかし、依然としてこの日何があったか不明?? 案外このブログみて論文とかかいている人いたら笑。個人的にまとめたブログですので、取り扱いにはご注意ください。

著書『海の極小!いきもの図鑑』

f:id:Nobnob:20200526220734j:plain

 

星野修著『海の極小!いきもの図鑑 誰も知らない共生・寄生の不思議』(築地書館、2020)すばらしい本が出ました!!

2016年発行の『海の寄生・共生生物図鑑 海を支える小さなモンスター』の著者です。
前著が107ページ、本著は173ページ! 数えてないけど、もちろん掲載生物も随分増したのだと思います。

今回は星野氏の単著ですが、錚々たる研究者の方々にバックアップされた、他に類所の見られない逸品であること間違いなしです。

Nob!!の専門である甲殻類も多く扱われていて、しかも、ヨコエビとかアミとか、アミヤドリムシとか、ほかではまず見られない貴重な小型甲殻類の生態写真が満載です(嬉!) エビやカニなど扱っていません。

もっと深く読んで、後日加筆いたします。

エビヤドリムシ類Bopyroideaの検索表

いま調べているエビヤドリムシがなんだかさっぱり解らないので、ここはあえて基本にもどって、Boykoほか(2013)の検索表を和訳しとこうと思います(ってか今頃か!)
 誤訳みかけたらご指摘ください。


●エビヤドリムシ類Bopyroideaの科と亜科のメスの特徴に基づく検索表
Key to families and subfamilies of Bopyroidea based on female characters (Boyko et al., 2013 modified from Markham, 1985).

1a. 体は蠕虫状、胸脚と触角を欠く(内部寄生性)Vermiform, pereopods and antennae lacking (endoparasitic) ・・・ カニヤドリムシ科Entoniscidae
1b. 体は蠕虫状ではない;等脚類の体型は変形し、胸脚と触角を備える(外部寄生性)Not vermiform; modified isopod body with pereopods and antennae present (ectoparasitic) ・・・ 2
2a. 尾肢は側突起を持つ;側突起から多数の糸状片が伸びるUropods with lateral plates; numerous filamentous rami extending from lateral plates ・・・ Ionidae (鰓腔寄生性branchial)
2b. 尾肢は側突起を欠く Uropods without lateral plates ・・・ 3
3a. 腹節は普通前側部に、拡張し、指状あるいは顆粒を帯びた側突起を備えるPleomeres with extended, digitate or tuberculate lateral plates, usually directed anterolaterally from pleon ・・・ Keponinae (鰓腔寄生性branchial)
3b. 腹節は普通側部に、短く、単純で、指状あるいは顆粒を欠く側突起を備えるか、あるいは側突起を欠くPleomeres with short, simple, non-digitate or tuberculate lateral plates, usually directed laterally, or lateral plates lacking ・・・ 4
4a. 育房は十分に膨隆せず、胸部縁辺に達せず、5対の等大の覆卵葉のルーズな接触によって形成される;腹肢を備える場合でも柄部を欠くMarsupium not much enlarged beyond margins of pereon, composed of five pairs of loosely fitting subequal oostegites; pleopods, when present, not pedunculate ・・・ 5
4b. 育房は膨隆し、少なくとも片側の胸部縁辺に達し、覆卵葉は5対未満でサイズは異なり、育房は完全に閉じる;腹肢と側突起を備える場合、柄部を持つMarsupium enlarged beyond at least one side of pereon, formed of close-fitting oostegites, usually fewer than five pairs of oostegites, unequal in size; pleopods and lateral plates, when present, pedunculate ・・・ 8
5a. 底節板と頭部前縁の額葉は大きく張り出す、体の前半は半円形を呈するCoxal plates and frontal lamina of cephalon greatly enlarged, giving anterior portion of body a semicircular aspect ・・・ Orbioninae (鰓腔寄生性branchial)
5b. 底節板と頭部前縁の額葉は張り出さない、体型はより直線的Coxal plates and frontal lamina not greatly enlarged, body more linear in appearance ・・・ 6
6a. 育房は覆卵葉によって完全に閉じるMarsupium completely closed by oostegites ・・・ Pseudioninae (鰓腔寄生性branchial)
6b. 育房は覆卵葉の間に様々なサイズの露出空間があるMarsupium with variably sized median exposed space between oostegites ・・・ 7
7a. 頭部は丸形か紡錘型で、胸節との融合はない;側突起は柄部を持つ;腹肢は単枝でコブ状Head oval or fusiform, never fused with pereon; lateral plates pedunculate; pleopods knob-like, uniramous ・・・ Argeiinae (鰓腔寄生性branchial)
7b. 頭部は四角形か三角形、時に完全にあるいは一部が胸部と癒合する;側突起はもし備えても無柄;腹肢は普通二股で扁平Head subrectangular or subtriangular, often fully or partially fused with pereon; lateral plates, if present, not pedunculate; pleopods flap-like, usually biramous ・・・ Bopyrinae (鰓腔寄生性branchial)
8a. 体型は左右相称かわずかに歪む程度;育房も右相称かわずかに歪む程度(もし歪む場合は後縁がどちらかに膨隆する)、体両側の覆卵葉によって形成されるBody symmetrical to slightly asymmetrical; brood pouch symmetrical to slightly asymmetrical (if asymmetrical then expanded on one side at posterior margin), formed by oostegites from both sides of body ・・・ 9
8b. 体型は激しくゆがむ;育房は大きく膨隆し、体片側の覆卵葉によって形成されるBody highly asymmetrical; brood pouch greatly expanded and formed by oostegites from one side of body ・・・ コエビノハラヤドリ亜科Hemiarthrinae (腹部寄生性abdominal)
9a. 体型は左右相称、頭部側縁は後部胸節の前方に張り出した側部によって覆われることはない;側突起と腹肢は偃月形Body symmetrical, lateral margins of cephalon not overlapped by forward curved lateral portions of posterior pereomeres; lateral plates and pleopods falcate ・・・ Phyllodurinae (腹部寄生性abdominal)
9b. 体型は歪む、頭部側縁は後部胸節の前方に張り出した側部によって覆われる;側突起と腹肢は葉上で変異に富むBody asymmetrical, lateral margins of cephalon overlapped by forward curved lateral portions of posterior pereomeres; lateral plates and pleopods variably foliose (thin elongate to very broad) ・・・ Athelginae (腹部寄生性abdominal)

各グループの宿主の傾向(選択性っていっていいのかな?)については、以前アップしたこちらをご参考に:
https://nobnob.hatenablog.jp/entry/23870121

 

<文献>
Boyko, C.B., Moss, J., Williams, J.D., & Shields, J.D., 2013. A molecular phylogeny of Bopyroidea and Cryptoniscoidea (Crustacea: Isopoda). Systematics and Biodiversity (2013), 11(4): 495–506

3月アクセス数推移

f:id:Nobnob:20200402130728j:plain

f:id:Nobnob:20200402130857j:plain

この一か月のアクセス状況はこんな感じ。低迷してますな。

3/1の18時に26件の閲覧ありましたが、これはシダムシの記事を投稿した日。3/11に21件、3/23に19件のアクセスあったけど、何だったのかな? 曜日はそれぞれ水曜日と月曜日。

コロナに負けずに新年度もガンバルぞー! 時間できたら少しずつ更新していきます。